報酬をくれない詐欺業者と優良な業者を上手く判別するコツ

ネット副業は詐欺に注意すれば安全に稼げる仕事なので人気が高いのですがいくつかのデメリットがあります。
自宅で仕事をすることになるので集中することができない人が多いのがネット副業の現実です。ネット副業をするためだけの快適な仕事場を自宅に用意することができないと効率よく仕事を毎日続けることが難しいです。

稼げる業者と稼げない業者の区別をしっかりすることが詐欺にあわないための重要なことです。興味を持ったネット副業を何の疑いもなく始めると詐欺に気付かずに間違って契約してしまうリスクがあるので詐欺の可能性を疑うことが肝心です。

注意深い人ならばネット副業の詐欺にあう可能性は低いのですが、騙し方はとても上手いので慎重な性格でも油断していると詐欺にひっかかってしまいます。やはり詐欺業者のネットでの評判はかなり悪いものなので、どんな評判の業者なのかを事前にリサーチしておくことが必須です。

楽に報酬をもらえそうな業者でもユーザーとの間で問題を起こしたことが過去にある業者は避けることが基本です。
自分のスキルでも完璧にやれそうな仕事をやらしてもらえる業者を選ぶことは大事ですが、本当に報酬をくれると確信できる優良な業者を探すことがもっと大切です。

ネット副業のデメリットとは

会社勤めしながら副収入を得ようとか、家事をしながら旦那さんよりも収入を取りましょうとか・・・非常に魅惑的な言葉でネット副業がマスコミでとりあげられて久しくなります。確かに会社の給料以上の利益を得ている人はいますし、旦那さんよりも高収入を稼いでおられる専業主婦の方は実際におられます。

ただネット副業をしている人は数万人おられますが、ならすと5000円/月前後であるのも事実です。時間単位で置き換えると、時給50円とかになってしまいます。例外的に、目利きの出来る人以外は、
成果が上がっていないのも事実です。

ネット副業にはいろんな方法があります。

①アドセンスは一番ポピュラ-な方法ではあります。
自分のWEBサイトに企業のHPのリンクをはり、それをクリックすることで課金される形です。
ただWEBサイトにその企業商品に興味がある人が来るようになるまでに、とんでもない時間をかけてWEBサイトを作りこみ、SEO対策をする必要があります。これがことのほか、しんどいです。

②また趣味のWEBサイトで、そのサイトにアクセスしたひとが、そのサイトで紹介されている商品を購入したら、紹介料が入るのがアフィリエイトです。
これも当たれば、アフィリエイト料が入りますが、すさまじいブログ、HPを作ることが必要とされて、大変ですし、成果が出るまでに最低でも2ケ月ほどかかり、そのあいだは無償でひたすらWEBサイトを製作し続けなければならないので、メンタルにきついといえるでしょう。
アドセンスにしても、アフィリエイトにしても、成果が出るまでに時間がかかることがネット副業のデメリットであるといえるでしょう。

そして時間をかけたら必ず成果が出るとは限らないのがつらい所です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする